中国語を独学で学ぶには?

中国語のニーズが拡大

近年、中国経済は急速に発展しており、日本のビジネス界にも大きな影響を与える存在になっています。それに伴い、ビジネス界での中国語の需要というものが大幅に増えているのが現状です。中国語は、中国や台湾、香港、シンガポールなどで使用されており、国連の公用語のひとつにも選ばれています。ひとくちに中国語といっても、北京語や中国南部や香港などで使用されている広東語、上海語など地域により文法や発音が異なるのが特徴です。ただ、中国では国民共通の意思疎通を図る言葉として「普通話」と呼ばれるものが義務教育に取り入れられています。この普通話が、共通の言語として使用されつつあるようです。中国に留学をして語学スクールなどで勉強をする場合は、地域の特色なども踏まえて留学先を選ぶのが懸命でしょう。また、仕事で行き先が決まっている方などは、その地域で話されている方言を学ぶという手段もあります。日本にある語学スクールでも、普通話が学べるところばかりではなく、広東語が学べるというところもあります。


中国語 独学に向いている教材比較!